このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

骨密度検査

骨粗しょう症について

 国内の骨粗しょう症の患者数は高齢者を中心に1,280万人、予備軍を含めると2,000万人とも言われています。世羅町内でも転倒や骨折などにより要支援・要介護となる方が増え続けています。骨粗しょう症は骨の成分(骨塩量)が減少する病気です。骨粗しょう症自体の症状はなく、痛くもかゆくもないため見落とされがちで、骨折して初めて骨粗しょう症と診断されることが少なくありません。骨折しない骨づくりを日頃から心がけていただき、たまには自分の骨のメンテナンスをしていただきたいと思います。
 当院ではDXA法という最新の機器を導入し、診断を行なっています。レントゲンを撮るのと同じ仕組みですので簡便に検査を受けられます。検査後20分程度で結果が出ます。定期的に測定
することで過去の結果との比較が可能ですので、治療効果の目安にもなります。
 骨粗しょう症と診断された場合は、主治医の先生から説明を受け、適切な治療を受けてください。

骨密度検査